レーシック(近視手術/レーザー屈折矯正手術)

レーシック(近視手術/レーザー屈折矯正手術)

レーシック(Lasik)は、Laser in Situ Keratomileusisの略で、「レーザーで正しい位置に修正する角膜曲率形成術」という意味をもつ、近視手術の方法のひとつです。

日本では2000年に旧厚生省に認可を受けて以来、長年にわたって実績を重ねてきた視力矯正方法で、様々な技術や機器の進化により、現在では安心かつ安全に視力を回復する有効な方法として、年間15万人以上の手術が行われています。

V-Lasik

V-Lasik

当医院ではレーシックの中でも最先端の「V-Lasik(V-レーシック)」という方法を採用しており、従来のレーシックに比べて、より高精度かつ短時間の手術を行っております。

また、手術室内の衛生管理を徹底しており、高いレベルのクリーンルームを維持しています。
患者様に触れる用具は一眼ごとに破棄し、安心かつ安全な衛生環境の確保に努めています。

レーシック無料説明会

レーシック無料説明会

当医院でご提供する近視手術・治療のバリエーション

近視矯正手術・治療には現在多様な方法があり、患者様の状態やご希望によりその適応は様々です。
当医院では徹底した説明とカウンセリングを通して、様々な観点から患者様に最良な方法をご提案させていただきますので、安心してご相談ください。

1. レーシックの特長と視力回復の仕組み  

レーシックは、このような方におすすめいたします

メガネやコンタクトレンズから解放されたい方
日常生活でのメガネ、コンタクトレンズ装用は時として不便を感じるものです。
職業上メガネの使用が難しかったり、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方におすすめです。
このような方におすすめいたします
スポーツを快適に楽しみたい方
顔面に衝撃を伴うような競技でない限り、これまで通り、一般的なスポーツをお楽しみいただけます。
このような方におすすめいたします

レーシックの3つの特長

視力の立ち上がりが早く、手術翌日から日常生活が過ごせる。
レーザー照射で角膜の屈折力を変え、焦点を整えることによって近視・遠視・乱視を矯正するもので、適応できる屈折度数の範囲が広く、視力の回復が早いのが特長です。
安全性が高い。
アメリカでは1995年にFDA (米国食品医薬品局) がエキシマレーザーの使用を認可したことによって急速に普及し、年間で100万人を超える人が手術を受けています。日本でも厚生省(現:厚生労働省)の認可 (2000年) 以来、毎年15~20万人以上の方が受けている安全性の高い手術です。
痛みがほとんどない。
レーザー照射による手術ですので、痛みがほとんどないのが特長です。

レーシックによる視力回復の仕組み

レーシックとは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術で、使用する機器などにより、多少の違いはありますが、基本的に以下の手順で行われます。

1. まず角膜の表面にフラップを作ります。

フラップは、マイクロケラトームと呼ばれる眼球用カンナで作成する方法や、レーザーにより作成する方法などがあります。
当医院のV-レーシックでは全例において、痛みがほとんどなく、より精度の高いフェムトセカンドレーザーでフラップを作成します。

2. フラップを起こし、角膜の実質層にレーザーを照射して屈折を矯正します。

近視では角膜の表面を削ることで角膜の曲率を下げて視力を矯正します。
当医院のV-レーシックでは、最新のエキシマレーザーを使い、高精度かつ短時間で手術を行います。

3. フラップを元通り戻して手術は終了します。

フラップは術後自然に吸着します。

レーシックの仕組み
2. 最先端のレーシック「V-Lasik(V-レーシック)」について  

V-レーシックの特長 〜 従来のレーシックの問題点に対応した最新の技術 〜

安定したフラップを作成します。

レーシックでは前述のように角膜にフラップとよばれるフタ状のものを作成する必要があります。そのフラップの精度により、以前は術後の合併症や剝離などの危険が伴いました。V-lasikではフラップ作成時にVisuMaxという最新の機器を使い、「フェムトセカンドレーザー」というハイスピードかつ高精度のレーザーで処理を行うことで、均等な厚みをもつ精度の高いフラップ作成を実現します。

VisuMaxイメージ
フラップ作成時の痛みや圧迫感を軽減します。

「フェムトセカンドレーザー」とは、1000兆分の1の短赤外線レーザーのことで、ほとんど熱を発することがないので、組織を変成させたり損傷しません。 また目に接触するコンタクトが角膜の形をしているため、フラップ作成時の痛みや圧迫感がほとんど無くなりました。

角膜の形をしているコンタクト
従来方式に比べ高精度、かつ手術時間が短縮します。

フラップを作成する「フェムトセカンドレーザー」、さらに角膜の屈折を矯正する「エキシマレーザー」による高精度、高速レーザー照射により、 正確で短時間の手術を実現します。手術時間の短縮は患者様の負担を大きく軽減させます。
エキシマレーザーは0.7mmのスポットサイズで、Flying-spotレーザー方式としては最速の500Hzで照射を行います。固視時間が短いためレーザーの打ちもらしの少ない安全で正確な手術が可能です。また、術後の早期回復が可能となります。
手術時間は両眼を合わせて約15分で、実際のレーザーの照射時間はわずか10秒程度です。

VisuMaxイメージ
高速アイトラッキングシステムにより、
さらに安全で正確な手術が可能になりました。

当医院で使用する機器には、瞳孔中心を追尾する1050Hzの高速「アイトラッキングシステム」が導入されています。 この「アイトラッキングシステム」により、レーザーの照射中の眼球運動での微細な照射ズレを防ぎます。 これまでの、「手術中に目を動かしてはならない」という患者様へのストレスを軽減するのに役立ちます。

アイトラッキングシステム
患者様の眼に応じた手術が選択できます。

角膜の形状は患者様ごとに様々です。各患者様にマッチした角膜の形状を作り出すことは、術後の見え方を大きく左右するとても大切な要素です。
当医院で使用する機器は、角膜形状解析システムATLAS(Topo)を用いたカスタムレーシック及び2種類のレーザー照射モードを搭載しています。
角膜の形状をATLAS(Topo)が正確に解析し、世界にひとつだけの理想的な形にオーダーメイドします。

国内に3台、西日本では初めての最新の機器を導入。
手術の行程に特化したレーザーを2種類使い分けることで、
優れた術後視力の安定性、良好な視力を得られます。

フラップを作成するための「フェムトセカンドレーザー」を照射する「VisuMax」と、角膜の屈折矯正を行う「エキシマレーザー」を照射する「MEL 90」は、世界的なドイツの老舗光学レンズメーカーであるZeiss社が技術を結集して開発した最新鋭の医療機器です。
2つの機器は連動した一体型になっており、ベッドに寝たままの状態で、移動のストレスなく連続して一連の手術を受けることができます。

実際の手術時間は両眼でわずか15分程度ですので、患者様への負担が大きく軽減されました。

Zeiss社のコンビネーション

V-レーシック・治療の流れ

患者様の適切な視力回復のために、当医院では術前から術後のアフターケアに至るまで、長期的なスパンでサポートいたします。

1. 術前検査 

V-レーシックへの適応検査を行います。
(適応基準を満たしていない場合でも、可能な限り他の治療方法をご提案させていただきます。)
また、患者様がご納得いくまでカウンセリングいたしますので、ご不明な点は何でもご相談ください。

2. 手術 

下記の手順で行います。通常日帰り手術となります。

3. 術後のケア

術後は点眼を行います。また、術後は定期的に検査を行います。
手術翌日より、ほとんどの日常生活は問題なくお送りいただけますが、化粧、散髪、スポーツ、肉体労働、嗜好品の摂取など、注意を要することもありますので、患者様の生活にあわせてしっかり指導させていただきます。

V-レーシックによる手術方法
V-レーシックによる手術方法

手術はVisuMaxとMEL90という2種類の最新鋭の医療機器で行います。

V-レーシックによる手術方法
3. 費用について  
V-レーシック手術費用 [保険外診療]
両眼
280,000円(税込)

お支払いについて

お支払いは、現金またはクレジットカード(各種クレジットカードの取り扱い可)となっております。
費用の件で何かご不明な点がありましたら受付にお尋ねください。

費用に関するお知らせ

生命保険にご加入の場合、「手術給付金」が支給されることがあります。
詳細はご加入の生命保険会社にお問い合わせください。
給付金の支給には、所定の診断書が必要となります。(診断書は別途費用がかかります。)
手術の正式名称は「レーザー角膜屈折矯正手術」となります。

手術費用は、確定申告の際に医療費控除の対象となる場合がありますので、詳細は最寄りの税務署へお問い合わせください。

4. V-Lasikに関する、よくあるご質問  
レーシックは危険だという噂をよく耳にしますが・・・?

一般的に報道されている失敗例は、適切な環境以外、あるいは資格のない術者によるトラブルがほとんどです。実際には、現在のレーシック技術は大変高い水準にあり、以前までの問題点はほとんどか改善されています。
特に当医院で行う「V-レーシック」は最新鋭の機器を使った高精度かつ短時間での手術です。レーシックのことなら安心して当医院へご相談ください。患者様の様々なご不安やご不明な点を、徹底したカウンセリングで誠心誠意解消できるよう努めさせていただきます。

V-レーシックとレーシックの違いは・・・?

従来のレーシックとの一番大きな違いはフラップを作成する方法にあります。これまではマイクロケラトームという大工道具のカンナのような刃物を使って、角膜の表面を薄くスライスしていました。V-レーシックではマイクロケラトームのかわりに「フェムトセカンドレーザー」という高精度のレーザーを使いますので、均一な厚さの精度の高いフラップを作成することが可能です。また、フラップ作成時の傷みもほとんどありません。
加えて、角膜の屈折率を矯正するエキシマレーザーも、これまでより高精度かつ高速のものを使用しますので、より安全に、より短期間での視力の回復が可能となりました。

V-レーシックを行うための条件は?

患者様がV-レーシックに適応するかどうかは、事前の適応検査とカウンセリングでしっかり精査して判断いたします。健康で他の眼病のない成人であれば、多くの方が適応しますが、年齢や既往症、生活習慣など、様々な要因が影響しますので、一度当医院にご相談ください。
また、V-レーシックが適さない場合でも、その他の方法をご提案できる場合があります。当医院では患者様の問題を解決するために、可能な限り努めさせていただきます。

乱視や遠視、老眼も治りますか?

強度にもよりますが、ほとんどの乱視が矯正可能です。(詳細は術前検査で判断します。)
遠視の矯正に関しては技術的には可能ですが、患者様の状態、年齢など様々な要因が影響しますので、一度ご相談ください。
加齢による調節機能低下が原因の老眼に関しては、技術や機器の研究開発が進んでいますが、世界的に見ても、まだ良好な効果が得られていないのが現状です。
近い将来まで、もうしばらくお持ちいただく必要がありそうです。

視力はどのくらい回復しますか?

当医院で使用している機器の製造元であるZeiss社の発表によると、中等度までの近視で、手術後に視力が1.0以上に回復した方の割合は98%でした。 V-レーシックを受けられたほとんど全ての人が、メガネやコンタクトレンズ無しの快適な日常生活を送られているといえます。

手術というと抵抗がありますが、痛みはありますか?

手術は点眼麻酔をした後で行いますし、V-レーシックでは全ての行程をレーザーで行いますので、痛みを感じることはほとんどありません。
また、照射スポットサイズの小さな高精度のレーザーを使うので、術後の痛みがほとんどないのも、V-レーシックの大きな特長です。

入院は必要ですか? また、手術は長時間に及びますか?

いいえ、V-レーシックの手術は両眼合わせてもわずか15分程度です。入院は必要なく、手術当日から視力の回復が期待できます。
いくらか条件はありますが、翌日には手術前通りの必要最低限の日常生活を行うことが可能です。

術後の日常生活で気をつけることがありますか?

首から下のシャワーは当日から、入浴・洗顔・洗髪は翌日から可能ですが、術後1週間は眼に異物が入らないように注意が必要です。眼の周囲は常に清潔に保ち、保護用のメガネをご着用ください。

術後、スポーツはできますか?

顔面に衝撃を伴うような特殊なスポーツを除き、一般的なスポーツをお楽しみいただけます。ただし、種目ごとに開始可能時期が異なりますので、具体的な内容は医師にご相談ください。
一般的には激しい運動、水泳、砂埃が上がるような埃っぽい場所での運動は、2週間程度は厳禁です。

運転免許証の「眼鏡等」の条件の変更はできますか?

はい、「眼鏡等」の条件を外していただけます。詳しくはお住まいの地域の運転免許センターや、最寄りの警察署にご相談ください。