レーザー白内障手術

メスを使わない最先端の
レーザー白内障手術

レーザー白内障手術とは、レーザーを利用して、メスを使わずに高度な白内障手術を行う方法です。
当医院で採用している白内障手術用レーザー「LenSx®(レンズエックス)」は、白内障手術で最も高度な技術が必要とされる過程を、正確にレーザー(フェムトセカンドレーザー)で行うことのできる、最先端の白内障手術機器です。

白内障手術用レーザーLenSx

白内障手術用レーザーLenSx

1. レーザー白内障手術の特長  

当院の白内障手術では、より良い視機能が得られるよう、乱視矯正眼内レンズ・多焦点眼内レンズを積極的に使用しながら、手術創の大きさや方向も工夫し手術を行っています。
今回、さらに精度の高い手術を行うために、白内障手術用レーザー「LenSx®(レンズエックス)」を中四国で初めて導入しました。従来は術者の「感覚」や「経験」で行われてきた過程を、コンピューター制御下で自動で行うことで、より安全で正確な手術が可能となります。

眼に優しい安全な手術

レーザーによる水晶体分割

従来の白内障手術では、濁った水晶体を器具で分割しながら、超音波で吸引し取り除きます。レーザー白内障手術では、水晶体を吸引しやすいようにあらかじめレーザーで分割するので、超音波を使用する時間が大幅に短縮され、眼への負担を最小限に抑えます。合併症のリスクを軽減し安全な手術を行うことができるので、手術が難しいとされている症例でも手術可能となりました。

多焦点眼内レンズの性能を最大限に引き出す

多焦点眼内レンズの性能を最大限に引き出す
手技とレーザーによる切開の比較
従来の手技による切開例

いくら熟練した術者が行っても、常に同じ 位置に同じ形で切開することは困難。

レーザーによる切開

コンパスで描いたような正円で切開する ことができる。

白内障手術では濁った水晶体を取り出して眼内レンズを固定するために、水晶体の袋の前面(前嚢)に円形の穴を切開します。前嚢切開を適切なサイズと形(正円)で瞳孔中心に作成することは、眼内レンズを最適な位置に固定するために重要です。しかし、手作業ではいくら熟練した術者が行っても、常に同じ位置に同じ形で切開することは不可能です。レーザーでは常に正確に、瞳孔中心にコンパスで描いたような正円で切開することが可能です。

ファインビジョン(FINE VISION)

多焦点眼内レンズは遠距離・中間距離・近距離と複数の距離に焦点が合うレンズです。レンズの中心がずれてしまうと、レンズの効果が十分に発揮できません。レーザー白内障手術の正確性が、レンズの性能を最大限に引き出します。

レーザー白内障手術のデメリット

1. 白目が充血することがある
レーザーを照射する際に特殊なコンタクトレンズで固定するため、白目が充血することがあります。1週間程度で改善し、視力には影響ないので心配ありません。
2. 通常の白内障手術より時間がかかる
通常の白内障手術より、レーザー照射分、手術時間が長くかかります。
2. レーザー白内障手術の流れ  

当医院で行っているレーザー白内障手術は、最先端の機器「LenSx®(レンズエックス)」で行います。
この機器は「OCT(光干渉断層計)」という赤外線を用いて眼の構造を詳細に分析する機器を備えており、眼球内をリアルタイムで精密に分析します。この分析により、精度が高い切開を短時間で行うことができるのです。
また、超高性能な「フェムトセカンドレーザー」という1000兆分の1秒単位で照射される特殊なレーザーによって、短時間かつ数ミクロンの誤差もない、正確な手術を行うことが可能です。
これまで手技に頼っていた過程をレーザーで行うことで、より安全に手術を行うことができます。

「LenSx®(レンズエックス)」による手術の手順

1. 麻酔〜眼球にキャップ装着

麻酔は目薬で行い、痛みや圧迫感はほとんどありません。
レーザー白内障手術は眼球に専用のキャップをつけて行います。レーザー照射中に器具などが見えることもなく、安心して手術を受けていただけます。 レーザー照射は平均で30秒程度です。

レーザー白内障手術の手順 1
2. 水晶体のスキャン/眼球構造の画像化

最先端のレーザー白内障手術機器「LenSx®(レンズエックス)」には「OCT(光干渉断層計)」というスキャン機能があり、3Dで立体的に水晶体の前面・後面の形状を読み取ることで、眼球の構造を正確に1つの画像にすることができます。
「OCT(光干渉断層計)」は熟練の眼科医が視認することが難しいほどの、進行した白内障でも解析を行うことができます。
解析した画像をもとに、水晶体前嚢切開、水晶体核分割、角膜切開創の位置を、個々の患者様の眼球に合わせて計算して合わせますので、とても精度の高い切開が可能になります。

レーザー白内障手術の手順 2
3. 水晶体前嚢の切開

「OCT(光干渉断層計)」の計測結果を元に、正確な前嚢切開を行います。
従来の手技による切開では難易度が高かった円の形成をレーザーで行うので、切開部分の形状が安定して真円になり、眼への負担の抑制、合併症の軽減、視力の早期回復などが期待できる他、眼内レンズを正確な位置に固定できるので、レンズの性能を最大限に引き出します。

レーザー白内障手術の手順 3
4. 水晶体核分割

続いて水晶体の中心部分をグリッド状(さいころの様な状態)に細かく分割し、破砕してゆきます。 このレーザーによる正確な破砕方法により、その後に行う超音波乳化吸引術で使用する超音波のパワーや時間を減らすことができるので、眼球組織への負担を大幅に減らすことができます。

レーザー白内障手術の手順 4
5. 角膜の切開

「フェムトセカンドレーザー」を使用することで、従来の手技のメスによる切開に比べて、より正確な大きさ、深さ、形状の切開を作ることができます。また、乱視を軽減するための切開を作ることも可能です。

レーザー白内障手術の手順 5

手術紹介ビデオ(CGによるイメージ解説)

3. 費用について  
フェムトセカンドレーザー使用時の加算費用 [保険外診療]
片眼
100,000円(税込)
両眼
200,000円(税込)