高畠西眼科沿革
昭和10年の「高畠眼科医院」開設以来、地域とともに歩んでまいりました。

「高畠眼科医院」は昭和10年、初代 高畠正夫が岡山市川崎町(現在の京橋付近)に開設して以来、二代目 高畠 稔(現高畠眼科医院院長) が岡山市北区表町に移築、この岡山の地で80年の時を経て皆さまの健康のために努力を続けてまいりました。
そして平成24年11月、三代目となる高畠 隆が新たに分院として「高畠西眼科」を岡山市北区田中に開院させていただくこととなりました。

the History

〔 年 表 〕

高畠正夫と級友
高畠正夫と級友

初代高畠正夫が医学の道を志し眼科入局〜高畠眼科医院開業へ

〔左〕高畠正夫と級友:岡山医科大学時代、〔右〕同:岡山医科大学・水上部艇庫にて

〔上〕高畠正夫と級友:岡山医科大学時代、〔下〕同:岡山医科大学・水上部艇庫にて

1935
昭和10年11月6日
初代高畠正夫が岡山市川崎町63番地(現在の京橋付近)にて「高畠眼科医院」を開設
昭和21年10月
岡山市北区表町に「高畠眼科医院」を移築
第二次高畠眼科
第四次高畠眼科

岡山市中心部に眼科医院としての礎を築いた昭和20年代

〔左〕第二次高畠眼科(番田/昭和21年)、〔右〕第四次高畠眼科(昭和24年)

〔上〕第二次高畠眼科(番田/昭和21年)、〔下〕第四次高畠眼科(昭和24年)

昭和22年12月
土井健男が土井内科医院(後の東山病院)を開業
昭和28年6月
「高畠眼科医院」「土井内科医院」が合体
昭和28年6月15日
“財団法人 操風会”が発足
三浜分院
第五次高畠眼科

財団法人 操風会を発足。当時眼科のなかった岡南地域に分院を開院。

〔左〕今の福浜地域に開院した三浜分院(昭和30年)、〔右〕鉄筋コンクリートブロックの第五次高畠眼科(昭和31年)

〔上〕今の福浜地域に開院した三浜分院(昭和30年)、〔下〕鉄筋コンクリートブロックの第五次高畠眼科(昭和31年)

1979
昭和54年11月3日
二代目高畠稔(現「高畠眼科医院」院長)に代わり「高畠眼科医院」を改築 (現在の鉄筋コンクリート5階建)
高畠眼科
高畠眼科 三代集合写真

二代目・高畠眼科へ。

〔左〕鉄筋コンクリート5階建ての現在も本院として岡山市表町にある高畠眼科(昭和54年)、〔右上〕同・正面玄関部分(昭和31年)、〔右下〕高畠眼科三代の納まるスナップ写真。中央は初代正夫、その左は高畠西眼科院長・隆(りゅう)、その後ろは二代目で現高畠眼科院長・稔(みのる)

〔上〕鉄筋コンクリート5階建ての現在も本院として岡山市表町にある高畠眼科(昭和54年)、〔中〕同・正面玄関部分(昭和31年)、〔下〕高畠眼科三代の納まるスナップ写真。中央は初代正夫、その左は高畠西眼科院長・隆(りゅう)、その後ろは二代目で現高畠眼科院長・稔(みのる)

昭和56年9月
「東山病院」増築、158床となる
昭和58年10月
土井基之が岡山市倉田に「旭東整形外科医院」(19床)を開設
昭和59年12月
「旭東整形外科医院」を40床に増床し、「旭東整形外科病院」となる
昭和63年3月
土井章弘を院長に「岡山旭東病院」(102床)となる
平成10年5月
「岡山旭東病院」西館2階病棟と開設し162床となる。 「東山病院」が「岡山あさひ病院」と名称変更し鼠尾祥三院長となる。
平成16年9月11日
財団法人 操風会は50周年を迎え岡山旭東病院の増改築完了を兼ね記念式典を開催
平成23年11月
岡山リハビリテーション病院が岡山市中区倉田に新築移転する
2012
平成24年11月15日
高畠西眼科(院長:高畠隆)を岡山市北区田中に開業し、現在に至る
高畠西眼科・竣工写真
高畠西眼科スタッフと

高畠西眼科開院〜地域密着と先進医療の共存の時代へ

〔左〕竣工当時の高畠西眼科(平成24年)、〔右〕高畠西眼科開院時のスナプから(平成24年)

〔上〕竣工当時の高畠西眼科(平成24年)、〔下〕高畠西眼科開院時のスナプから(平成24年)

平成28年3月
中四国では初となる最先端の手術装置「LenSx®(レンズエックス)」を導入。フェムトセカンドレーザーによるレーザー白内障手術を開始。(詳しくはこちら
平成29年10月1日
高畠西眼科、高畠眼科医院が、一般財団法人 操志会(イッパンザイダンホウジン ソウシカイ)に移行。
平成30年10月16日
高畠西眼科、北側部分増築工事を完了。1階診察スペースなどを拡充。
LenSx®(レンズエックス)
高畠西眼科増築

院内設備、機器の充実に努め、患者様の利便性、安心・安全をさらに追求

〔左〕当時中四国初導入となったLenSx®(平成28年)、〔右〕増築により診療スペースが拡充(平成30年)

〔上〕当時中四国初導入となったLenSx®(平成28年)、〔下〕増築により診療スペースが拡充(平成30年)

平成31年2月
2016年以来、多焦点眼内レンズ(厚生労働省承認)の国内最多症例数が認められ、販売元であるエイエムオー・ジャパン株式会社より3年連続で国内最多の認定を受ける。
このページの一番上に