診療項目
高畠西眼科では、経験豊富な医師、スタッフが皆様の目の悩みに全力でお応えいたします。
日常生活で起こる様々な怪我や疾患、アレルギーなどによる症状はもちろん、最先端の医療技術を取り入れた治療・手術にも幅広く対応いたします。

一般眼科

緑内障

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。
一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気といわれているにもかかわらず、40歳以上の20人に1人がかかる身近な病気で、平成24年現在、日本での失明の原因の第一位でです。 近年では若年化・増加傾向にあるといわれており、早期発見、早期治療が大切なので、40歳以上の方は検査をおすすめします。

白内障

人の目は、よくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。
白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。
最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症が増えています。
その他、母親の体内で風疹に感染するなどが原因で生まれつき白内障になっているケースや、目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、我が国では成人の失明原因の上位を占める大変危険な病気です。 血糖値が高い状態が長く続くことで、網膜の細い血管が少しずつ損傷を受け、変形や詰まりをおこします。血管が詰まると網膜のすみずみまで酸素が届かなくなり、網膜が酸欠状態に陥ります。それを新しい血管(新生血管)を生むことで補おうとしますが、新生血管はもろいために容易に出血を起こし、さらにはかさぶたのような膜(増殖組織)ができ、これが原因で網膜剥離を起こします。
糖尿病網膜症はかなり進行するまで自覚症状がないので、糖尿病の方は常に注意が必要です。定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けるよう心がけましょう。

黄斑円孔

眼底の中心にある黄斑部の網膜(中心窩)に穴があく病気です。穴の直径1mmに満たないとても小さなものでも、 黄斑部は最も視力が鋭敏な部分であるため、非常に物が見えにくくなります。
かつては治療不可能とされていましたが、最近では手術でほとんど黄斑円孔は閉鎖することができるようになりました。加齢黄斑変性同様、高齢者に多い病気ですが、眼への過度の衝撃などで、若い人にも起こることがあります。

加齢黄斑変性

加齢に伴い眼の網膜にある黄斑部が変性を起こす疾患です。症状としては網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなります。日本ではあまり馴染みがなかった病気ですが、欧米では成人の失明原因の第1位で決して珍しくありません。これまでは有効な治療法がなかったのですが、最近いくつかの治療法が新たに開発されており、早期発見により、ある程度の視力が維持できるようになってきました。

網膜裂孔・網膜剥離

目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状ですが、加齢により一部が液状化し、硝子体自体が眼球の動きに連動して移動するようになります。その際硝子体に網膜が引っ張られることで、裂け目(網膜裂孔)ができたり、裂け目から水が入ることで網膜がはがれる(網膜剥離)ことがあります。
また、若い方でも格闘技や球技などで強い衝撃を受けた場合、網膜が剥離する場合もあるので注意が必要です。
網膜裂孔の段階であればレーザー治療で進行を抑えますが、網膜剥離が発生してしまうと手術での対応となります。

角膜変性症

顆粒状角膜変性症は、角膜に顆粒状の混濁が生じる遺伝性の病気です。若い頃は混濁が軽度なため自覚症状はほとんどありませんが、加齢とともに混濁が広がると視力が低下します。
帯状角膜変性症は、角膜上皮下にカルシウムが沈着することで帯状に角膜が混濁する病気です。進行すると視力が低下し、痛みを伴うこともあります。
エキシマレーザーを照射し角膜の混濁を除去する治療的角膜切除術(PTK)により、視力を改善させることができます。

◎顆粒状角膜変性症

顆粒状角膜変性症

◎帯状角膜変性症

帯状角膜変性症
ドライアイ

最近ではよく耳にすることが多くなったドライアイ。ドライアイとは、涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をさします。
現在、日本では約800万人もの方がドライアイであるといわれ、国民病のひとつと言っても過言ではありません。
ドライアイになると、目の乾燥感や痛み、異物感、眩しさ、疲れなど、慢性的に様々な目の不快感が生じます。また、その状態で目を使い続けることは、視力の低下にも繋がります。
さらには目の表面の細胞に傷ができやすくなるため、様々疾患を誘発する可能性も増えてきます。
原因としては、長時間パソコンやモニターを見続けるような環境や、現代の住空間(エアコンなど)による空気の乾燥、加齢による涙の量や質の低下、タバコの煙による影響その他があげられます。
ドライアイは重篤な症状になることは少ない病気ですが、慢性的な目の不快感や疲れは、日常生活に様々な不都合を生じさせます。最近では点眼を始め、いろいろな治療法が開発されていますので、目の異物感や疲れを感じたら、なるべく早めに眼科を受診するようにしましょう。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは直接眼にのせて屈折異常(近視、乱視、遠視、老視)を矯正する、法律で定められた「高度管理医療機器」ですので、眼科医の処方により正しく使用することが大切です。
また、後々の定期検診も、快適にコンタクトレンズを使用するためにとても重要です。
当医院では、初めてコンタクトレンズを装用される方のご相談や、日頃から装用されている方の定期検査やお悩みの相談など、コンタクトレンズに関するあらゆることについて専門医が対応しております。

近視治療(オルソケラトロジー)

オルソケラトロジーは、手術のいらない近視矯正治療です。特殊にデザインされたハードコンタクトレンズを就寝中に装用することにより、角膜の形状を変化させ近視を矯正します。
レンズを外しても角膜の形状は維持されるので、日中は裸眼で過ごすことが可能となります。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂とは、加齢やコンタクトレンズの長期使用などが原因で、まぶたが下がって開けにくくなる状態のことを言います。
垂れ下がったまぶたを上げるために、ふだんは使わない額や後頭部の筋肉まで使うことで、「頭痛」や「肩こり」の原因にもなります。

飛蚊症(ひぶんしょう)

明るい場所やや白いものを見つめている時、蚊やクモの巣、雲のような浮遊物の影が目の動きに追随して見える症状です。加齢などに伴う生理的な飛蚊症と、病的な飛蚊症があります。
とくに病的な飛蚊症は、網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状として現れることもあるので、症状を自覚したら注意が必要です。

その他、結膜炎(細菌性・ウイルス性・アレルギー性)、麦粒腫(ものもらい)、眼精疲労など、眼科全般。(目に関するお悩みは何でもご相談下さい。)

小児眼科

弱視

弱視とは・・・

生まれてすぐの子供の視力は0.01程度です。成長の過程でモノをくっきり見ることで目や脳が刺激されることによって視力は発達し、6歳頃には大人とほぼ同じくらいの視力が完成します。
しかし、視力の発達期間に目の病気や異常などによりモノをくっきり見ることが妨げられると、視力の発達は遅れてしまいます。これを「弱視」と言います。

弱視の原因と治療・・・

弱視のおもな原因として遠視、乱視、斜視などがありますが、いずれにしても重要なことはこれらの異常を早く発見して、早期に治療を開始することです。視力の発達期間が過ぎてしまうと、治療しても視力の向上は難しくなります。
遠視や乱視などの屈折異常が原因の場合は、ピントを合わせるためのメガネをかけてモノをくっきり見ることが、治療の基本となります。斜視や片目だけ弱視の場合は、アイパッチで良い方の目を隠して悪い方の目を強制的に使わせる訓練なども必要です。
当医院では専門的な知識を持った視能訓練士と協力して、弱視の治療・訓練を行っております。

大切なお子様の目を守るために・・・

お子様が自分から「見えにくい」と言うことは少なく、また片目のみの弱視の場合は反対目でカバーするため、保護者の方がお子様の視力が悪いことに気付くのは難しいです。視力検査をして初めて分かる場合がほとんどのため、「 三歳児健診 」を受けていただくことを強くお勧めします。
上記のように、弱視は早期発見が治療成功のカギとなりますが、6歳を過ぎて弱視が発見された場合でも、治療により10歳頃まで視力が向上し改善したケースがありますので、決してあきらめないで、一度当医院にご相談ください。

小児眼科

先端医療・手術

当医院では、上記一般眼科・小児眼科加え、先端医療・手術にも積極的に取り組んでおります。

当医院で提供する先端医療
  • レーザー白内障手術
  • 近視手術/ReLEx SMILE
  • 近視手術/レーシック
  • 近視手術/ICL
  • 網膜・硝子体手術
  • 老眼手術
  • 眼瞼下垂