多焦点眼内レンズ・老眼手術

遠近両用眼鏡に似た機能をもつレンズを用いることにより、手術後の焦点機能の回復を計ります。 近視や乱視も同時に矯正可能です。この多焦点眼内レンズにより、メガネが全く不要になる方が90%以上いらっしゃいます。

多焦点眼内レンズの上記効果は全員の方に保証されるわけではございませんが、お悩みの方は一度、当医院担当医師、スタッフにお尋ねください。

多焦点眼内レンズ(老眼手術)は、このような方におすすめいたします

  • 老眼鏡の煩わしさから解放されたい方
  • 特殊な環境で業務を営む方、特に夜間運転(タクシー運転手、トラック運転手など)には不向きな場合があります。
  • 多焦点眼内レンズの特性を十分ご理解いただける方
  • 多焦点眼内レンズには一定のマイナス特性もございます。「多焦点眼内レンズ」の特性および、医師の説明を理解していただけない方は、手術をお受けいただけません。

多焦点眼内レンズ(遠近両用レンズ)は、レンズの特性として次のような性質があります。

近方と遠方に光を振りわけているので、薄暗いところでは少し見え方がぼんやりする傾向があります。

慣れるのに時間を有することがあります。

術後の統計では90%以上の方が、日常生活ではメガネが必要なくなったとお喜びいただいていますが、見え方には個人差があり、また満足度も人それぞれです。また、特に細かい文字を扱う業種や、長時間画面を見る場合などは限りがございますので、メガネが必要になる場合もございます。

多焦点眼内レンズの種類

大別すると「屈折型」と「回折型」の2種類があります。

屈折型

眼内レンズ 目に入ってきた光を、遠距離、中距離、近距離に振り分けることで、様々な距離に対応します。当医院で主に使用するものは、レンズの中心から、遠く、近く、遠く、近く、遠くの5つのゾーンに分かれているもので、特に遠方は明所、暗所ともにクリアに見える特性があります。
ただし、回折型に比べると、少し手元が見えづらい傾向があります。
また、加齢等で瞳孔が小さくなっている場合は機能を十分に活かせないことがあるため、どちらかというと若い方に向いています。

回折型

眼内レンズ 回折型多焦点眼内レンズは、レンズに階段状の段差をつけ、入ってくる光を回折現象により分配し、遠方と近方の2カ所に焦点を結ぶ原理となっています。
瞳孔の大きさに関係なく近くがよく見えます。また、レンズを非球面構造にすることで、暗所でも近くが見やすい設計になっています。
ただし構造上、屈折型に比べると中間部は少し見えづらいことがあります。

※回折とは媒質中を伝わる波動に対し障害物があるとき、その背後など幾何学的には入りこめない場所に入っていく現象のことを言います。

その他のレンズ

以下のような高性能なレンズもございます。「ファインビジョン」、「レンズ レンティス・エムプラス」については高畠西眼科にて対応いたします。

老眼手術に用いる多焦点眼内レンズの比較

厚生労働省より先進医療に承認されている3種類に加え、高品質なプレミアムレンズ、ファインビジョン(Fine Vision)、レンティス(Lentis)も取り扱っております。
患者様の症状や特性に応じて、最適なレンズをお選びいたします。

テクニス
マルチ
Tecnis
Multifocal
レストア
ReSTOR
シンフォニー
Tecnis
Symfony
ミニウェル
MiniWell
ファイン
ビジョン
FineVision
レンティス
Lentis
外 観
イメージ
Tecnis Multifocal(テクニスマルチ) ReSTOR(レストア) Symfony(シンフォニー) MiniWell(ミニウェル) FineVision(ファインビジョン) Lentis(レンティス)
種別 回折型 回折型 エシェレット
回折型
球面収差 回折型 分節状屈折型
焦点数
または
焦点深度
2 2 焦点深度が
深い
焦点深度が
深い
3 2
近くの
焦点距離
30cm
40cm
50cm
40cm 70cm 70cm 30cm / 60cm 40cm
乱視矯正 不可
先進医療 × × ×
多焦点眼内レンズの比較

老眼手術費用 [保険外診療]
多焦点眼内レンズ
500,000円(税込)/片眼

当院では、2009年12月より 「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」 が先進医療として承認されました。これにより保険診療との併用が可能になりました。
また、生命保険等の「先進医療特約」に加入されている方は、手術費用が支給されますので、ご加入の生命保険会社にお問い合わせください。