眼瞼下垂手術

まぶたが下がってくる眼瞼下垂(がんけんかすい)は、眼精疲労のみならず、頭痛、腰痛、肩こり、猫背などの原因にもなることがあります。重症化させないように早めに受診することが大切です。 当医院で眼瞼下垂の治療・手術が可能です。お気軽にご相談ください。

眼内レンズ 眼内レンズ

眼瞼下垂(がんけんかすい)の症状

加齢、あるいはコンタクトレンズの長期使用などにより、まぶたが下がって開けにくくなる状態のことを言います。 視界不良や見た目の印象の問題だけでなく、垂れ下がったまぶたを補うために、今まで使わなかった額や後頭部の筋肉まで使うことで、「頭痛」や「肩こり」の原因にもなります。眉毛を挙げて目を見開こうとすることで、額のシワが増えてきます。

眼瞼下垂手術は、このような方におすすめいたします

  • まぶたが下がって、最近見えにくくなった方
  • 眼瞼下垂は重症化させると、視界不良のみならず、生活に様々な影響を及ぼします。まぶたが下がったと感じたら、まずは専門医にご相談ください。
  • 最近特に肩こりや頭痛を感じる方
  • まぶたを無理に開けようとして普段は使わないな筋肉を使うことにより、肩が凝ったり、頭痛を起こすことがあります。
  • 美容整形や保険外診療に抵抗がある方
  • まぶたの手術は保険外治療と思われがちですが、眼瞼下垂は美容目的の手術でありません。当院での治療・手術は保険適応になります。
  • 目を開けた時、額のシワが気になる方
  • 眼瞼下垂になると、無理に目を開けることで額にシワができます。そのようなシワも手術で改善することが期待できます。
  • 目が小さくなった、最近いつも眠たそうに見えると言われる方
  • 眼瞼下垂になると目が小さくなったり、眠たそうに見えて、印象面でマイナスな点が多くあります。そのような印象面も、手術により改善が期待できます。
眼瞼下垂 治療・手術 眼瞼下垂 治療・手術

※画像は参考イメージです。実際の症状・治療・手術後の状態には個人差があります。

当医院での手術の特長

専門医が手術・治療します

形成外科学会認定専門医が、患者様の眼のサイズや形、左右のバランスなどを細かく考慮し、傷がなるべく目立たないような、きれいで丁寧な手術を心がけています。

保険適応です

眼瞼下垂手術は美容目的の手術ではないので、保険適応になります。

日帰りによる両眼同時手術です

術中の出血を少なくできる最新の電気メスを使用するので、手術時間の短縮、術後の腫れの軽減が可能です。

手術手順

1. 麻酔〜切開

局所麻酔を行なったのち、まぶたのシワに沿って切開します。

2. 症状に合わせた処置

患者様の症状に合わせて、たるんだ皮膚を取り除いたり緩んだ筋肉引き上げるなどの処置を行います。皮膚を取り除くだけなら約30分、筋肉を引き上げる場合は約40~50分の処置になります。

3. 縫合

処置後、傷あとが目立たないように創を縫合します。丁寧に行いますのでご安心ください。

【 術後の注意事項 】

・術後は眼帯をする必要はありません、いつも通りの生活に戻れます。

・縫った箇所が少し腫れるので、気になる方は抜糸までメガネの着用をお勧めしています。

・ 手術当日から入浴(洗顔・洗髪含む)可能で、アイメイク以外のお化粧(目の周り以外のファンデーションなど)も問題ありません。

・抜糸は術後1週間程度で行います。

・術後も専門医がしっかりサポートします。

担当医師の紹介

山田 潔

岡山大学病院 形成外科 准教授・ 日本形成外科学会専門医

山田 潔(やまだ きよし)

眼瞼下垂手術・治療を担当しています。形成外科学会認定専門医として、患者様の眼のサイズ・形状や、左右のバランスなどに配慮し、術後の傷がなるべく目立たないよう、丁寧な手術を心がけています。まぶたの悩みは、ぜひ専門医にご相談ください。