網膜・硝子体手術

かつては難易度の高かった手術ですが、現在では機器や技術の進歩により、
安全に手術ができるようになりました。

網膜・硝子体手術は多くの場合に局所麻酔で行われます。手術時間は患者様の目の状態により異なりますが、これまでは手術後の管理も含めて数日間入院することがほとんどでした。
しかし現在では、医療技術の進歩により日帰り手術も可能となりました。当医院でも日帰り手術に対応いたしております。

硝子体とは

網膜硝子体図 硝子体は眼球の中にある透明なゼリー状の組織です。この硝子体が炎症・出血などにより濁り、様々な疾患を引き起こす原因となります。さらに重篤な場合は網膜を牽引して、網膜剥離を起こすこともあります。

硝子体手術について

硝子体手術では、硝子体を切除するために白目の部分に3カ所の小さな穴を開けて、専用の細い器具を眼内に入れて眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除き、また網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を修復して網膜の機能を回復させます。
かつては難易度の高かった手術ですが、現在では機器や技術の進歩により安全に手術ができます。

手術の手順

網膜硝子体手術1 1. まず眼球に3ヶ所小さな穴をあけます。1つは硝子体を取り除く器具やレーザーを入れるため、1つは術中に眼球の形態を保つための灌流液を入れるため、1つは眼内を照らす照明を入れるためです 。

2. つぎに硝子体を切除し、切除しただけ眼内を灌流液で満たします。出血や濁りは硝子体と共に取り除きます。

3. 上記手順で手術の準備が整ったら、疾患ごとに適切な処置をしてゆきます。主な処置として、網膜上の膜をピンセットのような器具でめくる、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取る、網膜裂孔を治す、網膜にレーザーを照射する、などがあります。
なお、網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、最終段階で灌流液をガスに入れ替えることががあります。

当医院で提供する先端医療
  • レーザー白内障手術
  • 近視手術/ReLEx SMILE
  • 近視手術/レーシック
  • 近視手術/ICL
  • 網膜・硝子体手術
  • 老眼手術
  • 眼瞼下垂