近視治療(オルソケラトロジー)

特殊にデザインされたハードコンタクトレンズを就寝中に装用することにより、角膜の形状を平坦化させ近視や乱視を矯正する治療法です。
レンズを外しても角膜の形状は維持されるので、日中は裸眼のままでクリアな視界が得られます。

オルソケラトロジーの仕組み

装用前:近視の状態

装用前:近視の状態 人間の眼は入ってきた光を角膜と水晶体で屈折させて、網膜上で焦点を合わせることで像として捉えます。
近視はこの焦点が網膜よりも手前で結ばれるために、像がぼやけている状態です。

就寝装用中

就寝装用中 オルソケラトロジーレンズ「オルソ®-K」はレンズの内側に4種類のカーブが施されています。
このカーブが型となり、角膜の前面をおさえて平らに変化させ、網膜上で焦点が合うように矯正します。

装用後

装用後 レンズを外した後も、矯正された角膜の形状は一定の間維持されます。この効果によって近視が矯正され、日中は裸眼のままでクリアな視界が得られます。

このような方におすすめいたします

  • このような方におすすめいたします メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されたい方
  • 日常生活でのメガネ、コンタクトレンズ装用は時として不便を感じるものです。
    職業上メガネの使用が難しかったり、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方におすすめです。

  • このような方におすすめいたします スポーツを快適に楽しみたい方
  • 野球、サッカー、ラグビーなど動きの激しいスポーツや、水泳、サーフィン、スキューバダイビングなど水中スポーツをされる方も、裸眼で安全にスポーツを楽しめます。

  • このような方におすすめいたします レーシックなどの屈折矯正手術には抵抗がある方
  • 手術に対しては「眼にメスを入れる」という不安から、抵抗がある方も多いことと思います。
    一度手術した眼を元の状態に戻すことはできませんが、オルソケラトロジーでは装用を中止すれば、角膜は元の状態に戻りますので安心です。

治療の流れ

装用前に専門医が眼の状態や角膜の形状などを検査し、装用の適否を判断します。

フロー

治療用レンズを就寝時に装用し、起床時に外せば、日中は裸眼で過ごすことが可能です。

着用サイクルとレンズ
当医院で提供する先端医療
  • レーザー白内障手術
  • 近視手術/ReLEx SMILE
  • 近視手術/レーシック
  • 近視手術/ICL
  • 網膜・硝子体手術
  • 老眼手術
  • 眼瞼下垂