近視手術(ICL)

フェイキックIOL

ICLの3つの特長

  • 角膜を削りません。
  • レーシック手術と異なり、角膜を削らないので、強度近視者の方に稀にある不正乱視の発生が軽減されます。特に-6D以上の強度近視の方に最適です。
  • レンズ交換が不要です。
  • 永久コンタクトレンズと呼ばれるほど、信頼性の高いレンズを使用するので、長期間安心してご使用いただけます。
  • おひとりおひとりに合ったレンズを使用します。
  • レンズは患者様の症状に合わせて、全て最適の状態にカスタムメイドされます。

使用するレンズの信頼性

当医院で使用するレンズは、日常の面倒なお手入れや取り外しの必要がないことから「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。
実績のある安全性の高い素材で出来ており、コンタクトレンズのような違和感はありません。
さらに角膜を削る必要がないので術後も不正乱視などの不安がありません。

ICL治療について

後房型レンズ 「ICL」治療は、虹彩と水晶体の間にある後房に眼内レンズを挿入して、視力矯正をする方法です。現在、世界64カ国で承認されており、日本では2003年に臨床試験が開始され、2010年に厚生労働省に承認されました。特に欧米ではレーシックと同じように普及している手術です。
虹彩に下にインプラントしますので、近付いてもレンズは見えません。
さらに詳しく 矢印

患者様にあったレンズをカスタムメイドしますので、長期にわたり視力を維持することができ、近視の戻りもありません。また、場合によっては取り外しが可能です。レンズ交換の必要がないため、メガネやコンタクトを使用している毎日の煩わしさから解放されます。

レンズ素材について

HEMAとコラーゲンの共重合体素材コラマー(Collamer)から作られていおり、含有するコラーゲンがマイナス荷電を帯びていることによりタンパク質や細胞などの粒子が沈着せず、長期にわたって眼内で安定する生体適合性が非常に良い素材です。さらにコラマーの素材表面にはノングレア特性があり、グレアを生じにくく、387nm以下の紫外線を90%以上カットする特性も備えています。

ICL (右は眼内イメージ図)
アルチザン(ARTISAN)タイプ

手術方法
近視手術費用(/ICL) [保険外診療]
後房型レンズ
700,000円(税込)/両眼

お支払いは、現金またはクレジットカード(各種クレジットカードの取り扱い可)となっております。
費用の件で何かご不明な点がありましたら1階受付にお尋ねください。

レーシックとの比較

強度近視の方がレーシックを行った場合、角膜の修正出来ない僅かな歪み(高次収差)が増加し、ぼんやりした見え方になってしまう場合があります。ICLには高次収差による影響がなく、鮮明でクリアな視界を確保することが出来ます。

レーシックとの比較
当医院で提供する先端医療
  • レーザー白内障手術
  • 近視手術/ReLEx SMILE
  • 近視手術/レーシック
  • 近視手術/ICL
  • 網膜・硝子体手術
  • 老眼手術
  • 眼瞼下垂