眼瞼下垂 治療・手術

頭痛、肩こり、猫背、腰痛、眼精疲労などの原因にもなりうる眼瞼下垂(がんけんかすい)。早めに受診し、重症化させないようにしましょう。

当医院では眼瞼下垂の治療・手術にも積極的に取り組んでいます。お気軽にご相談ください。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

加齢やコンタクトレンズの長期使用などが原因で、まぶたが下がって開けにくくなる状態のことを言います。 視界や見た目の問題だけでなく、垂れ下がったまぶたを上げるために、ふだんは使わない額や後頭部の筋肉まで使うことで、「頭痛」や「肩こり」の原因にもなります。また、眉毛を挙げて目を見開こうとするため、額のシワが増えてしまいます。

眼瞼下垂の治療

まぶたを開けやすくして、さまざまな症状を改善します。手術は両眼同時に行い、日帰りで可能です。

眼瞼下垂 治療・手術

担当医師の紹介

徳山 英二郎
岡山大学病院 形成外科 
日本形成外科学会専門医
徳山 英二郎

形成外科医ならではの、術後の仕上がりにこだわった手術を心掛けております。

当医院で提供する先端医療
  • レーザー白内障手術
  • 近視手術/ReLEx SMILE
  • 近視手術/レーシック
  • 近視手術/ICL
  • 網膜・硝子体手術
  • 老眼手術
  • 眼瞼下垂