高畠西眼科沿革

昭和10年の「高畠眼科医院」開設以来、地域とともに歩んでまいりました。

「高畠眼科医院」は昭和10年、初代 高畠正夫が岡山市川崎町(現在の京橋付近)に開設して以来、二代目 高畠 稔(現高畠眼科医院院長) が岡山市北区表町に移築、この岡山の地で80年の時を経て皆さまの健康のために努力を続けてまいりました。
そして平成24年11月、三代目となる高畠 隆が新たに分院として「高畠西眼科」を岡山市北区田中に開院させていただくこととなりました。

昭和10年11月6日
初代高畠正夫が岡山市川崎町63番地(現在の京橋付近)にて「高畠眼科医院」を開設
昭和21年10月
岡山市北区表町に「高畠眼科医院」を移築
昭和22年12月
土井健男が土井内科医院(後の東山病院)を開業
昭和28年6月
「高畠眼科医院」「土井内科医院」が合体
昭和28年6月15日
"財団法人 操風会"が発足
昭和54年11月3日
二代目高畠稔(現「高畠眼科医院」院長)に代わり「高畠眼科医院」を改築
(現在の鉄筋コンクリート5階建)
昭和56年9月
東山病院」増築、158床となる
昭和58年10月
土井基之が岡山市倉田に「旭東整形外科医院」(19床)を開設
昭和59年12月
「旭東整形外科医院」を40床に増床し、「旭東整形外科病院」となる
昭和63年3月
土井章弘を院長に「岡山旭東病院」(102床)となる
平成4年
東山病院の療養型転換により、病床60床を「岡山旭東病院」へ移床
平成9年4月
「岡山旭東病院」が増築し、124床となる
平成10年5月
「岡山旭東病院」西館2階病棟と開設し162床となる。
「東山病院」が「岡山あさひ病院」と名称変更し鼠尾祥三院長となる。
平成16年7月
「岡山旭東病院」の増改築工事が完成
平成16年9月11日
財団法人 操風会は50周年を迎え岡山旭東病院の増改築完了を兼ね記念式典を開催
平成23年11月
岡山リハビリテーション病院が岡山市中区倉田に新築移転する
平成24年11月15日
高畠西眼科(院長:高畠隆)を岡山市北区田中に開業し、現在に至る
平成29年10月1日
高畠西眼科、高畠眼科医院が、一般財団法人 操志会(イッパンザイダンホウジン ソウシカイ)に移行、現在に至る
当医院で提供する先端医療
  • レーザー白内障手術
  • 近視手術/ReLEx SMILE
  • 近視手術/レーシック
  • 近視手術/ICL
  • 網膜・硝子体手術
  • 老眼手術
  • 眼瞼下垂